<b id="ltlbv"><th id="ltlbv"></th></b>

      <delect id="ltlbv"><form id="ltlbv"><ins id="ltlbv"></ins></form></delect>

      <delect id="ltlbv"></delect>

        <b id="ltlbv"><big id="ltlbv"></big></b><ins id="ltlbv"></ins>

          ショックアブソーバー

          midashi02.png

          TOYOTA 86/SUBARU BRZ 80万円〜  

          86_brz_sock_w600_t.jpg

          TOYOTA 86/SUBARU BRZ
          ROCS倒立式ダンパー 完成

          フロント倒立式、リアともにΦ50ピストン採用!伸び・縮み減衰力 同時無段階調整
          TOYOTA 86/SUBARU BRZ 用の詳細については、お問い合わせください。


          各車種 基本製品仕様
          50φピストン
          モノチューブ型(単筒式)
          減衰力16 or 30段調整
          全長調整式アルミシリンダー
          ハイパコスプリング標準装備

           

           

           

           

           

           


           

          長年にわたる研究・開発・検討を繰り返し、待望のイケヤフォーミュラ ショックアブソーバーが遂に完成。 高性能ダンパーを求める為、精度の高い技術を活かし、全ての部品を内製化。走行性能と運動性能を追求する為、モノチューブ型(単筒式)を採用。 業界異例、独自の50φピストンを開発しました。これにより、微少ストローク域での減衰力が安定して出しやすく、微細なコントロールが 可能となります。また、50φシリンダーケースによりオイル量が増加でき、熱ダレによるオイル粘度低下と、キャビテーション(気泡発生)を抑える事ができます。 連続サーキット走行や、低温状態でも安定したパフォーマンスを得る事が出来ます。スプリングは、モータースポーツ界で支持を得ているハイパコスプリングを採用し、絶大なパフォーマンスを手に入れる事が出来ます。  


          ピストン径(D)拡大の効果 断面積は、S=π(D/2)2で求める事ができる。ピストン径を46φから50φに10%(D×1.1)拡大する事により、(D×1.1)2断面積が21%増加。オリフィスを通過するオイル量は21%増加し、オイルスピードも21%増加。オリフィスを通過する油圧は、スピードの2乗に比例する為、オイル圧力は46%増加。ピストンに働く抗力は、圧力×断面積となるので、1.46×1.21=1.76となり、ピストン抗力を76%増加させる事ができる。ピストン抗力の大幅な増加により、微少なストロークに対して、より敏感に反応する事が可能となる。このように、ピストン径のわずかな拡大でも、効果は絶大である。

           

          SHOCKABSOBER(Roll Onward Contorol System:ROCS)車種別対応表

          トヨタ 86     
          スバル BRZ    
          ニッサン スカイラインGT-R BNR32   スカイラインGT-R BCNR33 スカイラインGT-R BNR34
          フェアレディZ Z33    
          ホンダ S2000 AP1     
          ポルシェ 911(996) 開発中     
          LOTUS Elise Exige
          2-eleven

           


          ノルクセミヤセ翅ヨイソランモソサカカッツ