<b id="ltlbv"><th id="ltlbv"></th></b>

      <delect id="ltlbv"><form id="ltlbv"><ins id="ltlbv"></ins></form></delect>

      <delect id="ltlbv"></delect>

        <b id="ltlbv"><big id="ltlbv"></big></b><ins id="ltlbv"></ins>

          「ロールセンターの補正について」・・・

          サスペンションチューニング(車高調やダウンサスの装着)により、車高が下がると重心が低くなり安定するように思われがちですが、アーム自体がノーマルのままですと(バンザイ)状態となり、車体重心とロールする位置(ロールセンター)が離れてしまい余計にロール量が増えて、サスペンションストロークも減少し、良く言われる言葉で「限界が低くなる」という状態になります。そこで、ロールセンターアジャスター機能を持つ、イケヤフォーミュラの「フロントロワアーム」「リヤロアアーム」及び「タイロッドエンド」を装着する事によりロールセンターを補正して、車体重心とロールセンターの距離を短い位置にもどしてロール量を少なくします。そして、イケヤフォーミュラでは(フロント)(リヤ)の同時装着をおすすめいたします。なぜならば、(フロント)側のみ装着しますと(フロント)(リヤ)のロールセンターに「ずれ」が出てしまい『ロール軸がずれる』(フロント)と(リヤ)のロール量が変化して、車の挙動が安定しなくなる為です。この事から(フロント)(リヤ)の同時装着をおすすめいたします。


          サスペンションアームの取り付け位置とタイヤのトレッド中心線、それぞれの延長線上で交差する点が、そのタイヤ接地点の瞬間回転中心。左右のタイヤ接地点と瞬間回転中心を結ぶ線の交差するところ(車の中心線)がロールセンター。この点を中心にして車が傾斜(ロール)する。ノーマルアームのまま車高を下げるとロールセンターが下がってしまう。同じロール角でも、ロールセンターが低いと、回転中心から離れているため動きが大きくなってしまいコーナーリング性能は低下。

           

          ノルクセミヤセ翅ヨイソランモソサカカッツ