<b id="ltlbv"><th id="ltlbv"></th></b>

      <delect id="ltlbv"><form id="ltlbv"><ins id="ltlbv"></ins></form></delect>

      <delect id="ltlbv"></delect>

        <b id="ltlbv"><big id="ltlbv"></big></b><ins id="ltlbv"></ins>

          取り付け・取り外し

          <キャンバーの測定>(例:フロントキャンバー)

          1.水平な場所に車を止め、ハンドルのセンターを合わせエンジンを停止します。
          2.測定側のフロントのホイールナットの2ヶ所を外し測定板ステーをフロントホイールのナット位置にピッチ1.5または1.25に注意して取り付けます。

          maple-a.jpg maple-b.jpg
          3.ステーにゲージ本体(測定板)をPCD及びホイールの5穴、4穴に注意し、皿ビスで取り付け測定板を水平な状態にします。
          maple-c.jpg
          maple-d.jpg
          4.取り付けた測定板を90度回転させ地面と水平になるようにします。
          5.キャンバー測定用溝におもり付きの測定用糸をセットしキャンバー値を読み取ります。 
          maple-e.jpg
          maple-f.jpg
          <トーの測定>(例:フロントトー)
          1.測定車輌の前後のトレッドを測定し、トレッドの前後の差を把握します。
           maple-g.jpg
          2.リヤホイールナットを1ヶ所外し、トレッド補正付きステーをホイールのナットの上部センター位置に取り付けます。
          リヤタイヤに取り付けたトレッド補正付きステーに測定用のゴムひもをトレッド幅を考慮して取り付けます。
          トレッド補正付きステーは深溝の位置を基準として5mm単位で浅溝が切ってあるので、5mm単位でトレッドの補正を行ったうえで測定を行って下さい。 

          例: 前側1460mm 後側1450mmの場合前側が10mmトレッドが広いため、後側のゴムひもをかける位置を基準より5mm外側に取り付け測定を行います。

          3.キャンバー測定用溝におもり付きの測定用糸をセットしキャンバー値を読み取ります。
          maple-h.jpg maple-i.jpg
          maple-j.jpg
          前記の手順でもう一方の側にも測定板を取り付けることでトータルトーを見ることができます。
          リヤを測定する場合は前後のステーを入れ替えてフロントの時と同じようにトーゲージで読み取って下さい。
          ノルクセミヤセ翅ヨイソランモソサカカッツ