<b id="ltlbv"><th id="ltlbv"></th></b>

      <delect id="ltlbv"><form id="ltlbv"><ins id="ltlbv"></ins></form></delect>

      <delect id="ltlbv"></delect>

        <b id="ltlbv"><big id="ltlbv"></big></b><ins id="ltlbv"></ins>

          フットワークパーツ



          イケヤフォーミュラでラインナップしているアームを装着していただくと、車高を下げた車に多く見られるノーマルアームのバンザイ状態でのロールセンター位置の補正と、調整機能を備えたアームによりアライメント変化の適正化を行えます。
          このページでは「ロールセンターの補正」「アライメント」などの「サスペンションジオメトリー」のお話しをしていきたいと思います。

           

          「アライメントの変化について」・・・
          ノーマルアームはゴムブッシュを使用している為、アームに「力」がかかると「捩れ」が生じてアライメントは変化します。車両の高低差によってもアライメントは変化します。 例えばサスペンションがバンプした時には、車種や足回りの形状によって変化の違いはありますが、「キャンバー」はネガ方向もしくはポジ方向に変化し「トー」もイン方向もしくはアウト方向の変化が現れます。これではコーナーリング中でのタイヤの設置感、ブレーキングをした時のステアリングの応答性、アクセルオンでのトラクション不足などの問題が起こります。この問題を解消する為、ゴムブッシュをピロボール化。そしてアームへ調整機能を持たせることによりアライメント変化に対応出来るアイテムをラインナップしました。

          従来品 現行品 変更点
          s-old-frow-zen.jpg
          s-new-frow-zen.jpg
          ロールセンターアジャスター・ピロ・ロワアームPAT.に、専用テンションロッドが付属となった。
          s-old-tension-tukene2.jpg s-new-tension-tukene.jpg テンションロッドと、アーム本体の取付部を1ケ所とし、テンションロッド調整時にテンションロッドにかかる負担を軽減出来る構造とした。 
          s-old-stoper.jpg s-new-stoper.jpg タイロッドストッパーを「シムプレート式」とし、ミリ単位での細かい調整を可能とした。
          s-old-stoper-back.jpg
          s-new-stoper-back.jpg sh-stoper-bara.jpg
          s-new-stoper-gomu.jpg
          タイロッドストッパーの最後部に、ゴムプレートを張り付ける事によリ、フルカウンター時のステアリングフィールが向上します。
          ナックル部分のロールセンター補正用カラーを分割式とし、走りのステージに合わせてセッティングを変更出来る様にした。
          s-old-tension.jpg
          s-new-tension.jpg 形状を変更し更なる強度アップを行った。
          s-old-member.jpg s-new-member.jpg メンバー側ロッドエンドのネジ径を18mmから22mmへ変更し、更なる強度アップを行った。 
          ロールセンターアジャスターカラーのセッティング例
          sh-nakul-guri.jpg sh-nakul-guri-set.jpg
          タイムアタックセッティング
          sh-nakul-dori.jpg
          sh-nakul-dori-set.jpg
          ドリフトセッティング
          こちらのパーツも同時交換がおすすめ!
          sh-n-tierodend.jpg
          sh-n-rlowa.jpg
          タイロッドエンドPAT. アジャスター・リア・ロワアームPAT.
          ノルクセミヤセ翅ヨイソランモソサカカッツ